韓国旅行の夏の持ち物リスト一覧!女性(女子)が注意の必須アイテムとは?

この記事を書いている2018年8月9日、私は今、明日からの韓国旅行の荷物の準備をしているところです。

この記事は、まだ韓国旅行にあまり慣れていない方を対象にしています。

  • 女子が韓国旅行に行く時の最低限必要なアイテムリスト(チェックリスト)
  • 夏に韓国へ行く時の特別な注意点

について、これまで30回以上韓国渡航をした私の経験をお伝えします。

スポンサーリンク

韓国旅行の必須持ち物チェックリスト一覧!これだけあれば、なんとかなる!

さっそく、最低限これだけは必要と思うもののリストをお伝えします。

  • パスポート
  • お金(現金とクレジットカードの両方あるとよい)
  • 変換プラグ Cタイプ (ダイソーの100円のものでOK)
  • スマホの充電器(USBケーブル)
  • ボールペン(入国カード記入時、街で筆談するときに必要)
  • 着替え
  • 大き目のビニール袋を複数枚(日本のスーパーでもらえる袋でOK)

では、補足の解説をします。

パスポート

パスポートは、当たり前ですね。

パスポートに必要な残存期限についてはこちらの記事でご確認ください。

なぜ、お金は現金とクレジットカードの両方必要?

現金については、日本円をとりあえず財布に入れておけばOKです。

現金は、仁川空港や金浦空港など、韓国の空港に着いてから、空港内で韓国ウォンに両替すれば良いです。わざわざ、レートのクソ悪い日本の空港で替える必要は全くありません。

韓国での両替の詳しい話は、こちらの記事をご確認ください。

で、なぜクレジットカードがあるといいのか?

それは、韓国ではクレジットカード先進国だからです。

ほぼほぼ全て、どこのお店でもクレジットカードが使えます。

飲食店はもちろん、タクシーでも。

下手すると露店のような店でも使えるところも見ました。さすがに露店でクレジットカードを使うのは、セキュリティの面でちょっと怖いので、その時は現金を使いますけどね)

というのも、

韓国の国の法律(規則)で、商店はクレジットカードが使えることを義務付けられているからです。お店の売り上げ金額のごまかしが出来ないようにするための国の施策です。

素晴らしい!

日本なんて、未だに現金しか使えない店がたくさんありますよね。その点では、めちゃめちゃ日本って遅れてますよ。

変換プラグCは何に使うの?

ダイソー変換プラグCタイプ

変換プラグ、これはCタイプを買ってください。ダイソーで100円で売っています。

日本から持ってきたスマホの充電、パソコンやドライヤーを使う時に必要です。

韓国では、日本のプラグが差し込めません。

韓国旅行のガイドブックには、

「韓国のプラグタイプは、SEタイプとCタイプの両方がある。場所によって違うので注意!」

などと書いてあります。

「じゃあ、どっち持っていけばいいんだよ!?その解説だけじゃ分かんねーよ」

と思いますよね。

私の経験上、「Cタイプ」の変換プラグがあれば、ほぼほぼ問題ないです。

何もヤマダ電機やビックカメラなど家電量販店で、900円と1000円するような立派な変換プラグなんて必要ないです。100円ショップ、ダイソーの108円の変換プラグで十分です。

近くにダイソーがなくて、ネットで買うなら、この辺りがお手頃価格でいいですね↓

着替え

韓国、特にソウルだったら、下着などの着替えは、コンビニでも買えます。

街中なら、コンビニがあちこちにあります。下着くらいなら、忘れても問題ないでしょう。

大きめのビニール袋って何に使うん?夏特有の現象が、、、

なぜビニール袋が必要なのか?

それは、韓国から帰る時、お母さん、旦那様へのお土産(プレゼント)でキムチを持ち帰ろうとする時に必要だからです。

こちらの記事に詳しく書いてありますが、キムチは飛行機の手荷物で持ち込むことはできません。

キムチを韓国で買って持ち帰るためには、スーツケースに入れる必要があります。

つまり、スーツケースの中に大事なお洋服とキムチが一緒に入ることになります。

で、これがまた、キムチの汁が激しくこぼれるんですわ。

どこからか知れないけど、漏れだします。

何重ものビニール袋でキムチを包装することをお勧めします。

特に夏です。

夏特有の現象。

それは、キムチの袋がパンパンに腫れることです。

下手をすると破裂します。

キムチは生きています。発酵しています。夏なんて、たった一日で発酵が激しく進行します。

私も一度やらかしちゃったことがあります。面白い話です。詳しくは、こちらの記事を読んでくださいね。

ちなみに、日本で買う味噌。あれも発酵食品なのに全然袋が膨れませんよね。つまり、日本で買うあの味噌って、死んでるんですね。韓国キムチとお付き合いするようになって、初めてその事実に気が付きました。

またまたちなみにですが、

「韓国のコンビニでビニール袋を調達すればいいやん!?」

と思うかもしれません。でも、残念!

日本と違って、韓国ではコンビニで買い物をした時に、ビニール袋はもらえません。

店員さんに言って、追加の料金を払えば貰えますよ。基本もらえないと思った方が良いでしょう。

店員さんに、

「ポントゥ ジュセヨ」

と言えばもらえます。

でも、韓国旅行初心者の方にとって、その一言を言うだけでもハードル高いですよね?

あと、言っておくと、韓国のお店の店員さんには、英語はほぼ通じません。粋がって英語なんてしゃべっても、日本人の英語の発音は全く通じないと思った方がよいでしょう(笑)

だから、ビニール袋を日本から持参するのが一番いいのです。

スポンサーリンク

まとめ

夏の韓国旅行で必要最低限の持ち物リストだけをピックアップしました。

その他、急に必要になったものは、なんとか街のコンビニやお店で調達できます。

それでは、あまりご心配されず、韓国旅行をお楽しみ下さいね~!

私も今から寝て、明日、成田空港から出発しまーす。

現地から2018年の韓国現地レポート記事を書いていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする