キム秘書がなぜそうかの日本放送予定は?見逃し時の再放送やOSTと視聴率も調査!

もしも、あなたが韓国ドラマ「キム秘書がなぜそうか」を日本のテレビ放送で観たい場合、スカパーで放送予定があります↓



2018年韓国のtvN(2018.06.06. ~ 2018.07.26.全16回)で放送されていた「キム秘書がなぜそうか 김비서가 왜그럴까」。

主な出演者は、パク・ソジュンさん , パク・ミニョンさん , イ・テファン(5urprise)さん , チャンソン(2PM) さん, カン・ギヨンさん。

実はこのドラマが、2019年2月にも日本のテレビ放送でも見られます。

今回の記事では、

  • 韓国ドラマ「キム秘書がなぜそうか」の1話から最終回までの全話を日本のテレビで視聴する方法
  • OST(挿入歌・主題歌)のネット動画(Youtube)
  • 韓国での視聴率
  • あらすじ

について調べました。

スポンサーリンク

韓国ドラマ「キム秘書がなぜそうか 김비서가 왜그럴까」を日本のテレビ放送で早く観る方法は?見逃し時の再放送日程は

Mnetというサービスから、

2019年2月18日(月)放送スタート!

本放送

(月)~(木)13:00~

再放送

なし

引用元:https://jp.mnet.com/program/2103

の予定で観ることができます。

このドラマについては、再放送はありません。

というのも、すでに今回はアンコール再放送だからです。

ところで、

「えっ?Mnetって何?」

と思った方もいらっしゃるかもしれません。これは地上波放送やBS放送とはちょっと違うんです。

私たちがよく聞くサービス名でいうと、韓国ドラマ「キム秘書がなぜそうか」は、

スカパーやJ:COMなどに加入していると観ることが出来ます。

スカパーであれば、30分程度でスカパーへ加入手続きを済ませれば、「キム秘書がなぜそうか」を観ることが出来ますよ↓

韓国ドラマ「キム秘書がなぜそうか」の OST(挿入歌・主題歌)は?

キム秘書がなぜそうかのOSTを韓国語サイトから探しました!

2019年1月27日現在、既に270万回も再生されています。

OTS自体もよいっていうコメントもありますが、

キムナヨン(Kim Nayoung)さんのドレスがめちゃめちゃ綺麗ってコメントも多いですね。

あと、もちろんキムナヨンさんご自身も綺麗というコメントも目立ちますね。

どこのブランドのドレスなのでしょうか~

the chemistry is so strong

中毒性もあるっていう人も多いし・・・ものすごい人気が伺えます。

韓国ドラマ「キム秘書がなぜそうか」の韓国での視聴率は?

韓国での視聴率は最高8.7%を記録したようです。

参照元:https://m.search.naver.com/

韓国人の妻に聞いたら、

「話題の割に視聴率の数値が低いのは、ちょうど他のテレビ局でも人気のドラマが放送されていたから」

とのことです。

実際には韓国では話題性あり、大人気のドラマだったとのことです。

OSTの再生回数からみてもそれは分かりますね。

「キム秘書がなぜそうか 김비서가 왜그럴까」でひとこと韓国語フレーズレッスン!

今日のフレーズはこれです。

웃지마!
그 예쁜미소 나 말고 다른 남자한테 보여주지 말라고!

笑わないで!
その可愛い笑顔、私以外違う男には見せないで!

スポンサーリンク

韓国ドラマ「キム秘書がなぜそうか」のあらすじは?

あらすじ(ストーリー)を取り上げると、

完璧なルックスとスタイルに卓越した経営能力を持つ大企業の副会長イ・ヨンジュン(パク・ソジュン)。

周囲の人々の至らなさは我慢できない彼が唯一そばに置く人間がいた…。
熟年夫婦のような阿吽の呼吸を誇り、秘書として9年間彼をサポートする女性キム・ミソ(パク・ミニョン)。

そんなある日、キム秘書が突然の退社宣言!?考えてもいなかった衝撃の展開に驚きを隠せないヨンジュン。

ミソの気持ちを理解できないまま彼女を必死に引き留めようとするが…。

参照元:https://jp.mnet.com/program/2083

「キム秘書がなぜそうか」は、韓国で人気のあったウェブ漫画が原作です。

ラブロマンスドラマです。

退職希望の部下と、それを引き留めたがっている上司の恋愛ストーリー。

まとめ

韓国ドラマ「キム秘書がなぜそうか」を日本のテレビで観る方法、OST、韓国での視聴率についてお伝えしました。

スカパーに加入していると観ることができるMnetで放送中です↓

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

早く見たい方はお見逃しなく~♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする